HOME≫男女の産み分け方法

〜日常生活で必要な常識から裏技まで〜


Copyright (C) 2006 快適生活のススメ!!All Right Reserved無断転載・転用を禁じます。

生活に役立つコツ
■家庭の医学編
痔の痛みを緩和するコツ
水虫の撃退法
薬草で病気を治そう
■妻に役立つコツ
嫌いな料理を上手く作るコツ
男女の産み分け方法
亭主関白を直すコツ
■夫に役立つコツ
タバコを一週間でやめるコツ
髪の毛を長持ちさせるコツ
二日酔いを午前中で治すコツ
口臭を上手くごまかすコツ
焼酎を上手に飲むコツ
接待ゴルフを成功させるコツ
■人間関係で役立つコツ
血液型で人を見抜くコツ
姑と上手く付き合うコツ
上手い近所付き合いのコツ
上手い親戚付き合いのコツ
■その他役立つコツ
天気予報に強くなるコツ
本を10分で読み終えるコツ
大地震から身を守るコツ
男女の産み分け方法


■精子の性質を知って計画を立てる



男女の生まれる比率は男105、女100と男の子が生まれる率が高いと言われていますが、生存率は女性の方が勝っていますので、総人口は女性のほうが多いのが現状です。
医学的には、男児と女児は性染色体で決まり、その主導権を握っているのは精子でX染色体は女の子、Y染色体は男の子、どちらかが先に卵子と結合するかで決まります。
米国コロンビア大学のシュトルズ博士の発表による男女産み分け法によると・・・・・・

@男子になる精子(Y精子)は軽少で射出されると早く運動する。女子になる精子(X精子)は運動は鈍いが耐久性がある。それぞれの精子の特徴を利用すること。

A1回の射精で射出される精子の数が少なければ少ないほど女の子が生まれやすい。性交回数が多いと1回の射出量が減るから、女子がほしい時はそのようにするとよい。

BY精子は賛成に弱く、X精子は強いという習性があるので、膣内の酸性とアルカリ性を操作させることで男女を産み分けられる。
と言うことをおっしゃっております。



■男の子が欲しければリンカル錠を飲んで!!


@排卵の瞬間に近い時に性交を行う。その時は膣内はアルカリ性分泌液が増えている。

Aアルカリ度を強めるため、性交前に重曹を溶かした湯温で膣内を洗浄しておく。

B女性がオルガスムスに達するようにする。女性がオルガスムスに達するとアルカリ性の分泌液が出る。

C洗浄した膣内よりさらにアルカリ性の強い子宮の入り口に精子を注ぎ込むには、性交は後背位がよい。

D月経開始から排卵までは性交しないようにする。精子の数を多くしておくこと。

E男性は酸性食、女性はアルカリ性食を摂るようにする。妻は、リン、カルシウム錠剤(製剤名リンカル錠)を1日に15錠、2ヶ月間計画妊娠予定の前に飲みます。




■女の子が欲しければ男性はアルカリ性食品


@排卵日の2、3日前で性交ストップ。排卵日まで禁欲すること。精子が活発だからです。

A性交前にお湯に酢を入れたもので膣内を洗浄して膣内を酸性にしておく。

B女性はオルガスムスを遅れされる。オルガスムスによってアルカリ性分泌液を出して酸性を中和してしまうから。

C正常位が望ましい。射精は膣内挿入のの浅い位置がよい。この体位だと射精は酸性環境の膣内でY精子は弱まる。

D精子の数を減らすため、排卵日の2、3日前までは性交回数を増やす。

E男性はアルカリ性、女性は酸性の食品を摂ること。



■あてにならない俗説も


男性の睾丸2個のうち右からは男性の精子、左からは女性の精子が出るのだという俗説があって、右の睾丸の付け根をしばると女の子が、左をしばると男の子が生まれるといいます。
男性に2個の睾丸があるように女性の卵巣にも左右に2つあるので、女性が左側を下にして性交すれば左の卵巣に精子が流れやすくなって男の子が生まれ、右を下にするとその逆と言うのですが、これらは医学的な根拠はありません。




■昔の人が言っていた産み分けの話


●妻が野菜好きなら男の子、肉類好きなら女の子。
●妻が強いと男の子、夫が強いと女の子
●夫が妻よりだいぶ年上なら男の子、妻が夫よりだいぶ年上なら女の子。
●右はらみは女の子、左はらみは男の子。
●やきもちをやいて顔がきつく険しいときは男の子、やわらかな時は女の子。
●雨の夜に交われば男の子、夜空が晴れていれば女の子。
●婿養子の家は女の子が生まれる率が高い。
●めかけや側室には女の子が多い。
●夫が酔ったときに出来た子は男の子が多い。
●妻が好色だと女の子が多い。



▲TOPに戻る

inserted by FC2 system