〜日常生活で必要な常識から裏技まで〜


Copyright (C) 2006 快適生活のススメ!!All Right Reserved無断転載・転用を禁じます。

HOME当選率UP!ハガキの書き方

懸賞生活のススメ


TV番組が当選しやすい!
同じ番組で何度も当たる!
当選率UP!ハガキの書き方


当選率UP!ハガキの書き方

懸賞ハガキを書く上でもちょっとしたコツがあります。私の場合、エコーハガキで出すと、当選する確立が高いです。エコーハガキはハガキに自治体・企業等の広告が載せられているため、1枚45円で購入できるちょっとお得なハガキなんですが、そのエコーハガキでの当選確率はハガキ懸賞当選の6割以上を占めています!

反対に、年賀ハガキなどのあまったハガキで出すと、ほとんど当たりません!「なぜ?」と思い、色々検証してみると、年賀ハガキなどのあまりハガキで出す時は、お年玉の番号などが書いてある、1番下の所を黄色いペンで塗りつぶしてみると、当選するようになりました。
理由は分かりませんが、私は、この方法でやっています。

それと、ある雑誌に「青いペンで書くと当たりやすい」と載っていたので、半信半疑で書いてみました!その結果は、「書いてビックリ!」でした!それまで、ハガキ懸賞は、全懸賞の当選率1割以下だったのですが、「青ペン」に変えた途端、ハガキ懸賞の当選率は3割にUPしました!根拠は分かりませんが、なぜか私が懸賞ハガキを書く上で、「青ペン」は必需品になってしまいました!

ハガキにプリクラを貼ったり、絵を書く方がいらっしゃいますが、私の場合かなりシンプルです。必要事項以外に書くとしたら、ちょっとしたコメント・要望くらいです。
あと、住所・氏名などには必ず、フリガナを書くようにしています。

ハガキを出すタイミングもあります。私の場合、締め切りギリギリか、開始早々のどちらかで出します。開始早々が間に合わない時は、締め切りギリギリに出すようにしています。色々試してみましたが、この2つが当選する確立が高いです。

また、できるだけ奇数日に出すようにしています。私自身が偶数が余り好きではないので、奇数に出しているのですが、統計を取ると、やはり奇数日の方が当選率が高いです。

ポストに投函する時間帯もできるだけ朝7時か、夜7時のどちらかに出すようにしています。
深い理由はありませんが、人目につかない方がいいかな?と思い、朝7時(田舎なので、かなり人が少ない)か、夜7時(これも人が少ない)に、出すようになった途端、当選確率がUPしました。

あくまでも私流ですので、他の方が同じようにして当選するか分かりませんが、試してみる価値はあると思います。

▲TOPに戻る

inserted by FC2 system