HOME電気料金の節約術

〜日常生活で必要な常識から裏技まで〜

節約生活のススメ
公開!我が家の家計簿
電気料金の節約術
ガス料金の節約術
水道料金の節約術
食費の節約術
節約の知恵♪

Copyright (C) 2006 快適生活のススメ!!All Right Reserved無断転載・転用を禁じます。

電気料金の節約術


■使わない電化製品のプラグは抜こう!


使っていないのにも関わらず、プラグを差し込んだままって、良くある事ですよね!実は、差し込んでいるだけでも電気は消費されているのです。例えば、エアコンは年に3ヶ月しか使用していないけれど、プラグは1年中差し込んだまま・・・という方、1年で約900円も無駄に電気料金を支払ってしることになります。
その他、テレビやビデオの主電源を入れっぱなしにしていると、使っていないのにも関わらず、約7割は電気消費をしているのです。
ですから、使っていない電気プラグは抜くようにすることが電気料金節約への第1歩です。




■契約しているアンペアを確認してみよう


電気代を節約する上で、大切なのが契約アンペアです。
このアンペア数を下げるだけで、節約になるのです。
何故なら、電気の基本料金はこのアンペア数で決まるので、アンペア数が低ければ低いほど基本料金は安くなります。
また、アンペア数を下げると、一度に使える電化製品に限りがあるので、電気の無駄な消費を避けることが出来ます。
契約アンペアがいくらか分からないという方は、分電盤を見て確かめるか、管轄の電力会社に電話して確認してみましょう。10〜20アンペア下げるだけでも、かなり変わってくるでしょう。

契約アンペア 10A 20A 30A 40A 50A 60A
基本料金(円) 260 390 520 780 1,040 1,300

50アンペアを30アンペアに下げると1年間で約6240円もお得!



■電力会社がおすすめする「時間帯別電灯」を利用しよう


夫婦共稼ぎや、1人暮らしの方でしたら、ほとんどの家庭が電気の使用は夜間が多いと思います。そんな方におすすめなのが、「時間帯別電灯」です。「時間帯別電灯」とは、利用者の少ない夜11時から朝7時までの電気料金を安くするプランで、従来より約7割安くなります。しかし、それ以外の電気料金が3割増しとなり、昼間電気を良く利用するという方には向きません。
ですから、昼間あまり電気を使わないという方は、こういったプランを利用してみてはいかがでしょうか?

▲TOPに戻る

おすすめ商品
OAタップ

OAタップ TAP-MG366 [TAPMG366] 【J:4969887222539-1-207】【ジョーシン | 家電とパソコンの大型専門店】
詳細はこちら

inserted by FC2 system